わたしと小鳥とすずと
わたしが両手をひろげても、
お空はちっともとべないが、
とべる小鳥はわたしのように、
地面をはやくは走れない。

わたしがからだをゆすっても、
きれいな音ではないけれど、
あの鳴るすずはわたしのように
たくさんな歌は知らないよ。

すずと、小鳥と、それからわたし、
みんなちがって、みんないい。
金子みすずについて